コーヒーの保存方法

コーヒーは焙煎直後から次第に品質が変化し、保存状態が悪いとすぐに劣化します。
品質劣化の要因として、酸素、温度、水分(湿度)、光が挙げられます。

おいしさを長持ちさせるポイント

1.空気に触れさせない

コーヒーは空気と触れることで酸化し、風味が損なわれます。
保存の際にはできるだけ袋内の空気を追い出し、クリップ等で密封してください。

※ビンや缶など大きめの容器に移し替えるのは、コーヒーが空気に触れるのでNG!

2.低温を保つ

一般的に温度が高い状態では食品の劣化するスピードは促進されます。
密封した状態で冷凍庫内で保管することで、コーヒーの風味は長持ちします。
※冷凍と常温を繰り返すとコーヒーは結露してしまうので、冷凍されたコーヒーは使用分量を取出し常温に戻してから使用してください。

3.光にさらさない

コーヒーは光を熱の形で吸収しますので、保管の際には冷暗所が適しています。

 
サイトマップ